混合性結合組織病(MCTD)ブログ:レイノー現象と甘皮について

  1. 指定難病52・混合性結合組織病と共に生きるブログ

こんにちは! 

今回は、レイノー現象が頻繁に起こるようになって感じたことを綴りたいと思いました。

この難病体験談があなた様のお役に少しでも立つことができますように!

 

レイノー現象が頻繁に起こるようになって感じたこと

気温が低くなると私の体に起こることは、手の指先が白くなることです。

体温と気温の差があればあるほどレイノー現象で起こる手の色が違います。

記憶が正しければ、

紫色が混じった黒っぽい赤色(軽い症状)< 黒っぽい赤色 < ベージュ < 白っぽい < 透明な白(重い症状)になるかと思いました。

それらの色の違いで、指の痛みも違います。

これを綴っている時点で私の指の色は肌色ですが、第一関節が白くなっています。
この症状はいつ頃から続いているのか定かではありません。

腫れていて指が動かしにくいのとは違った、動かしにくさを感じます。

腫れている時は、指全体が棒のような感じになり、動かしにくい。
第一関節の当たりのみ白い時は、第一関節の上・指先のみが動かしにくいのです。
そして白くなっている部分に痛みがあります。

やっかいね~。

レイノー現象が頻繁に起こるようになって気が付いたのことは、甘皮がするすると結構な速さで伸び、硬い甘皮がびっちりと爪を陣取っています。
甘皮をとっても甘皮が伸びて、甘皮の先に薄い甘皮が本来の甘皮を守っているかのようになっています。

以前のような刃のような堅さはないものの、この甘皮で爪のビジュアルが好ましくなくなっています。

もちろん甘皮には、赤っぽい茶色の「ソバカス」が「私は混合性結合組織病よ」と言っているように登場しています。

レイノー現象によって甘皮の伸びるスピードが早くなるのかしら?
レイノー現象によって甘皮が頑丈になるのかしら?

私は判りませんが、そんなことを感じたのでここでお伝えしました。

 

混合性結合組織病の症状:2020年2月15日

腫れ

一時期より腫れは引いているかと思いますが、指が動きにくく、仕事で困ったな~と感じることが度々あります。

骨の痛みが時々現われて「ひゃ」とすることがあります。
左肘の骨の痛みが気になっています。

 

疲労感

以前に比べるとたいしたことがない「疲労感」があるときがあります。
楽しいことを考えて、その楽しいことに集中ようにしていたら忘れる程度の「疲労感」を感じていることがあります。

疲労感撃退サプリを飲んでいるので、さして心配はしていません♪

 

おわりに

今回は、レイノー現象と甘皮は関係があるのかしら?と思い、体験したことをお伝えしました。

次回は、疲れやすい症状は軽くできるの「Ⅱ」を綴る予定でいます。

最後までお付き合いを頂いて、ありがとうございます。
ごきげんよう

あんびあんび

1964年生まれ。資格:サプリメントインストラクター。 ×1のシングルマザー・子供1人。更年期障害かと思っていたら、 指定難病52「混合性結合組織病」に侵されていることが判明した。 こんな私ですがよろしくお願いします。

記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。